サイエンスチャレンジとは


【概要】

かわさきサイエンスチャレンジとは、毎年、夏休みの時期に開催している子供たちのための体験型科学・ものづくりイベントです。

今回で15回目を迎える「かわさきサイエンスチャレンジ」は、今年は8月4日(土)、5日(日)の2日間にわたって、大企業の研究機関や中小・ベンチャー企業が多数入居しているかながわサイエンスパーク(KSP)で開催します。

このイベントは、主に川崎市内の企業にご出展、ご協力いただき、科学実験や、ものづくり体験イベントを開催しており、毎年多くの来場者で賑っています。

対象は、小学生から中学生までとなっており、科学実験やものづくり工作教室、プログラミングなどの多種多様なイベントが盛りだくさんで一日中楽しく過ごせます。

作ったものは持ち帰りができるイベントもあり、自由研究の参考にぴったりです。たくさんのお友だちと科学やものづくりを楽しく学びましょう。

事前に申込が必要なイベントのほかにも、科学マジックショーなどの当日参加可能なイベントがございます。お誘いあわせの上奮ってご参加ください。


第15回かわさきサイエンスチャレンジ 

~ 感動科学と楽しいものづくり ~
日時:2018年8月4日(土)・5日(日) 10:00~16:00
場所:かながわサイエンスパーク(KSP) 
主催:かわさきサイエンスチャレンジ運営委員会

運営委員会は、本イベントに参画する団体、企業等によって構成されています。
後援:川崎市、川崎市教育委員会、川崎商工会議所


【開催目的】

面白い!楽しい!科学・ものづくりの総合イベント

一人でも多くの子どもたちに「科学やものづくり」に対する好奇心をもってもらえるよう、そのおもしろさを伝えたい各出展者と共に、身近にあるものを用いて、科学実験やものづくり体験等、誰でも楽しめる科学イベント作りを目指します。

たくさん参加・じっくり学ぼう~いろいろなジャンルの教室が待っています

幅広い科学分野の中で、子どもたちの好奇心を惹きつける科学は一様ではありません。

それぞれの子どもたちが「もっとやってみたい!」と感じる科学を発見できるよう、物の性質や、身近な機械の仕組みなど、バラエティにとんだイベント構成を目指します。また、子どもたちに感動する科学・ものづくりとの出会いを提供します。

地域の行政・団体・企業によって、各教室・イベントが運営されています

日頃から科学普及活動に注力されている学校・団体職員やボランティア、民間企業の方々に、その取り組みを自由に発表する場を提供します。

発表を通じて、各主催者やスタッフが地域市民と相互に交流できる場となることを目指します。


主催:かわさきサイエンスチャレンジ運営委員会