確定申告はルールと受付期間がある

毎年年が明けると確定申告という言葉を耳にすることが多く、2月中旬頃から3月中旬頃までの間に手続きをする必要があります。

手続きをするときは前年の1月1日から12月31日までに発生した課税対象所得がほかの収入があれば20万円、なければ38万円を超えると義務があり、所得税に対してのみで住民税とは関係がなくしたほうが良いこともあり注意が必要です。

課税対象所得は副業をするために経費がかかると申告すれば控除してもらえ、領収証を保管して証明できるようにすれば節税もできます。

書類の書き方は未経験だと戸惑う部分もあり、税務署に相談するとアドバイスをしてもらえて便利です。

アルバイトなどの本業と副業を掛け持ちしているとどちらも合計して20万円を超えないと確定申告は不要ですが、医療費などで控除を受けたいならしないといけません。

書類の書き方を確かめよう

確定申告の種類は収入や経費の状況を詳しく報告することだけでなく、税金の支払い方について選ぶことになります。勤務先に副業がバレたくない人は多いもので、このような状況にも対応できる方法が給料から天引きされないようにすることです。

書類には「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」という項目があり、「自分で納付」にチェックを入れれば納付書で支払うことができます。このため、差額で勤務先に判明する心配をせずに済み、バレて人間関係が悪化することを防げて効果的です。

書類の書き方はきちんと理解していないといざというときに困ることになり、きちんと流れを確かめる必要があります。

焦らないように段取りを決めよう

副業をするときは税金の申告をしないといけませんが、事前に段取りを決めておけばスムーズにできます。

書類を作成して提出するときは経費の領収証や源泉徴収票が必要になり、それぞれの項目を正確に記入して計算するため手間や時間がかかるものです。

このため、会計ソフトを使えば必要事項を入力するだけで自動的に計算してもらえ、スムーズにすることができます。
また、ネット副業をするときは情報商材やパソコンのサーバーなどを購入して経費として取り扱え、課税対象所得から控除してもらえて便利です。

しかし、源泉徴収票や領収証をきちんと保管しておかないと探す手間や時間がかかり、ファイルに閉じてすぐに取り出せるようにすると安心できます。
このため、時間に余裕を持って手続きをするように考え、今後の生活を安心して暮らせるようにすることが望ましいです。